18世紀から戦後までのフランスファッション

18世紀から戦後までのフランスファッションの歴史は激動という言葉がふさわしいでしょう。 

この長い歴史のスパンにおいてフランスファッションの基礎やスタイリングが確立されました。

第二次世界対戦によってファッション業界は大きなダメージを受けましたが、歴史と文化は戦火の下でも消える事はありませんでした。女性の社会的な地位を創りだしたのもこの時代のファッションでもあります。

そんな中で美しい歴史を残したブランドをご紹介します。これらのブランドを知る事でこの時代の歴史を感じる事ができます。 


①シャネル
女性の美の象徴ともいえるシャネル。このブランドはココ・シャネル(本名ガブリエルシャネル)という1人の活発なマドマゼルによって生み出されました。

歌手としてデビューし、自らの手で帽子屋をはじめました。これがシャネルのスタート地点になります。
その後、もっと自由に動ける服を作ると言う事をモットーにコレクションを展開していきます。戦争によって疎開を余儀なくされた女性達にむけて機能性に富んだ洋服を生み出したのです。 

シャネルという名前そのものがモードとなり、現在に至るまでの巨大帝国を作り上げました。ファッションが女性に力を与え、解放をサポートした代表的な例でしょう。

ニューヨークのシャネルにて


②ルイヴィトン
ルイヴィトンは『卓越した品質の製品』『こだわりの品質の製品』『物語のある商品』を特徴としています。世界のラグジュアリーブランドマーケットの中では圧倒的な存在であり、『伝統と革新のデザイン』を常に発信しています。

ルイヴィトンはトランクケースから全ての歴史が始まりました。交通機関の発達に伴い室内でも使え、積み上げる事もできる四角いトランクケースを生み出したのです。さらに軽くて丈夫であり、当時の上流階級に絶大な人気を誇りました。

常に『旅』をサポートしてきた存在でもあったのです。ぜひ商品を購入する際は、長い歴史を想像しながら選んでみるのも良いかもしれません。 

パリ(上)とニューヨーク(下)のルイヴィトン 





③クリスチャン・ディオール
 クリスチャン・ディオールは『ニュー・ルック』と呼ばれるスタイルを創りだし、世界に一大旋風を巻き起こしたブランドです。

ニュー・ルック』は戦争によって急降下したフランスのモード界を盛り上げた一つの概念的なのものとなりました。グラマラスバストライン、締まったウエストを強調した作り、スカートの柔らかいシルエットはこのスタイルの象徴でもあります。

ディオールが提案した新しいスタイルは、今までの女性のスタイルに変革を起こし自由を生み出した歴史そのものになったのです。

パリの  クリスチャン・ディオール
IMG_1531


IMG_1715



この3つのブランドが激動の時代を動かしたのです。各ショップに訪れた際はこの歴史がどの部分で表現されているのかぜひチェックしてみてください!!!!